ペットの癒しライフ

ペット(主にワンコさん)の幸せ・健康・長生きを願って・・・

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アディオ・イフ

!cid_000a01c679d8$3c59e920$35e820db@yourp1gns7jxfj.jpg

詳細は後日

| 癒しアイテム・グッズ | 12:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

温度と蒸気には気をつけて!

こんにちは、Yacoです。
本日は「心臓や肺に疾患のある子のシャンプーや入浴について」

興奮させてはいけない、手際よくと言うことはもちろんですが換気には
充分に気をつけてください。
お風呂やシャワーの蒸気が出る所では、換気扇だけでは不十分!
窓を開けたほうが良いです。
窓のある場所でシャンプーや入浴をするのがベストです。
肺に水が溜まってしまい大変なことになる可能性があるので
蒸気には充分に気をつけてくださいね。

お湯の温度も重要!
30~40℃の間で(37℃が適正とも言われています)
ワンちゃんが「ハァハァ」しない温度にしてあげてください。
入浴する時はお座りをさせて胸より下にお湯がくる程度にし、
心臓部分までは絶対に浸からないようにしましょう。

ドライヤーの負担を少なくするにはタオルドライをシッカリとすること。
それにはキッチンペーパーがお勧めアイテムです。

興奮してしまう子の場合は、レメディで気持ちを楽にしてあげてからとか
リラックスする精油の香りをシャンプーや入浴剤に使用したり
お部屋に精油を香らせるとか、レメディでルームスプレーを作って
お部屋にシュシュッとして、リラックスさせてあげてみるのもお勧めです

シニアワンコさんも心臓や肺の疾患の子と同様に注意してあげてくださいね。

ハァハァとなってしまった時にお勧めのアロマとレメディ
*レメディはレスキューレメディ。
*アロマはイランイラン。
 ラベンダーをプラスするのもお勧めです。
 ラベンダーはハイアルトという種類が鎮静させるのには特にお勧めです。



写真は私のお気に入り写真の1枚お友達ワンコの日那ちゃんの入浴シーン

24.jpg

| スタッフ記事 | 02:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“アニマルコミュニケーション&ヒーリング講座”開講します

ペット癒・食・住ライフ協会では
ペットを『幸せにする』『健康にする』『長生きさせる』ための
セミナーを行う講師の方やスクール運営者を応援しております。

協会の体制が変わっての第一弾のセミナーは
『D・O・G ヒーリング』さんの
“アニマルコミュニケーション&ヒーリング講座” です。

認定証は『D・O・G ヒーリング』さんとペット癒・食・住ライフ協会の
ダブルネームで発行します。

詳細は近日中に掲載しますね。


| セミナー | 01:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第1回ペット癒・食・住ライフ ビジネス交流会】開催のお知らせ

ペット癒食住ライフ協会では、ペットにより良い「癒食住」の追及をテーマに
「癒し」「食事」「住環境」に関する情報交換や交流を通じて、
ペットの「健康、幸せ、長生き」を意識した良質なサービス・商品・知識の提供や
創造、展開を目指す方達とのビジネス交流会を開催いたします。

人脈づくりや情報、意見交換はもちろん、
それぞれが持つ商品や知識やサービスを交えて新しいアイデアが生まれたり、
専門知識を必要としている方と提供したい方とが繋がったり・・・

ペットの為に、より良い「癒し」「食事」「住環境」の創出と
ビジネスの発展や活動の場となりますよう、ぜひご参加ください。

詳しくは協会メインブログ『交流会の記事』をご参照くださいませ。

 交流会の記事
 ↓
http://ameblo.jp/petishokuju/entry-10437783875.html

| 交流会・座談会 | 22:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

容器の消毒

アロマ製品などを入れる容器の洗浄と消毒について紹介しますね。


①まずは中性洗剤で汚れを洗い流す。
②耐熱容器はベンザルコニウムを入れたお湯で10分以上煮沸消毒(画像A)
 耐熱でない容器やキャップなどはベンザルコニウム0.1%のお湯に浸ける(画像B)
③②を洗い流す。
④③の水を良く切って、無水アルコールを入れてすぐにアルコールを捨てる。
  (アルコールを入れることで水分を早く飛ばす)。
⑤消毒済み用密閉容器に入れて保管。
※よく乾燥させることが最も大切。


画像A
蒸気でうまく撮影できなかったので、少しお湯を捨てて火を弱めて写しました
(実際はビンよりも上にお湯があります)

          
dscf4542_p.jpg



画像B

dscf4538_p.jpg

| 基本・情報 | 15:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。